FOLLOW US

ヴォルフス移籍を語るグスタヴォ「見栄やエゴで当初は難しかった」

今季からヴォルフスブルクでプレーするグスタヴォ [写真]=Bongarts/Getty Images

 ヴォルフスブルクに所属するブラジル代表MFルイス・グスタヴォが、ブラジルメディア『ESPN』のインタビューに応え、今夏にバイエルンから移籍した経緯について語った。

 グスタヴォは、「見栄やエゴと呼ばれるようなものもあり、決断した当初は難しいものだった。長い時間をかけ、最高の大会でプレーするビッグクラブに到達した。でも僕が加わったクラブはチャンピオンズリーグに出場しない」と、決断した当初は葛藤があったことを明かした。

 しかし、「僕は穏やかな人間で、みんなが自分の歴史を持っている。僕の歴史は常に戦い、より有名なクラブのシャツを着て常にプレーすること。だけど、違いはないんだ。ヴォルフスブルクはドイツでトップのクラブ。クラブは今年、可能な限りのことを見せ、来年以降は、素晴らしいプロジェクトとともに、ヨーロッパの大会でプレーできることを示せるよ」と、今シーズンの上位進出に自信を見せている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA