2013.09.09

独代表100試合出場のラームを指揮官が称賛「絶対的なリーダー」

ラーム
代表戦100試合出場を達成したDFラーム(中央) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブラジル・ワールドカップ出場権を懸けた欧州予選が6日に行われ、ドイツ代表とオーストリア代表が対戦。3-0でホームのドイツが勝利を収めた。フル出場を果たしたドイツ代表DFフィリップ・ラームは、代表戦通算100試合出場を達成した。

 100試合出場のラームを、ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督が称賛した。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 レーヴ監督は、ラームについて「ほぼ10年間にわたって、ドイツ代表に安定性と信頼性をもたらして、最高水準のプレーを見せてきた。彼は生まれつき統率力があって、責任感が強い。会話能力も高いね。絶対的なリーダーだ」と、コメント。2004年からドイツ代表の一員としてプレーしているラームを称賛し、「フィリップはまだまだ全盛期には到達していないと思う」と、語っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る