FOLLOW US

バイエルンMFハビ・マルティネス、そ径部の手術で数週間の離脱へ

8月30日のUEFAスーパーカップでは貴重な同点弾を挙げたハビ・マルティネス [写真]=Getty Images

 バイエルンは3日、スペイン代表MFハビ・マルティネスが、そ径部の手術を行い、数週間の離脱になることを発表した。マルティネスは、内転筋の痛みに悩まされており、それを取り除くための手術だったとクラブは説明している。

 マルティネスは8月30日に行われたUEFAスーパーカップのチェルシー戦で56分から途中出場。1点ビハインドの延長後半アディショナルタイムの121分に同点ゴールを決め、PK戦の末の勝利に貢献した。しかし、同試合でひざを痛めたことが31日に発表されていた。

 バイエルンはドイツ代表MFマリオ・ゲッツェも同試合で右足首を痛め、最大3週間の離脱。スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラも8月26日に、右足の手術を受け、全治7週間を要することが決まっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO