2013.09.03

移籍の長谷部がヴォルフスに別れのメッセージ「人生の記憶に残る」

ヴォルフスブルクからの移籍を決断した長谷部 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ニュルンベルクへの移籍が決まった日本代表MF長谷部誠が、古巣のヴォルフスブルクに向けて、メッセージを送った。ヴォルフスブルクの公式HPが伝えている。

 長谷部は、「親愛なるファンへ」と題し、自身の思いを以下のようにつづった。

「今回、ニュルンベルクに移籍することになりました。ヴォルフスブルクで過ごした6年間は素晴らしく、僕の人生で記憶に残る時間となりました。素晴らしい経験をすることができ、リーグ優勝を達成し、チャンピオンズリーグに出場した2つのことは、ハイライトとなっています。ヴォルフスブルクのチームや関係者、そしてサポーターのみんなはいつでも素晴らしいサポートをしてくれました」

「今回の決断は簡単ではなく、多くのことを考えました。僕の希望に応えてくれたクラウス・アロフススポーツディレクターとディーター・ヘッキング監督に感謝します。ヴォルフスブルクとみなさんの未来が素晴らしいものであることを願っています」

 長谷部は2008年1月に浦和レッズからヴォルフスブルクへ移籍し、2008-2009シーズンにはクラブ史上初となるブンデスリーガ優勝に貢献していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る