2013.08.27

酒井所属のシュトゥットガルト、新監督にシュナイダー氏を招へい

シュナイダー
シュトゥットガルトの新監督に就任したシュナイダー氏 [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表DF酒井高徳の所属するシュトゥットガルトは26日、新監督にトーマス・シュナイダー氏を招へいしたと発表した。なお、契約期間は2年間となっている。

 シュトゥットガルトの下部組織出身のシュナイダー氏は、1991-92シーズンにプロデビュー。2003年まで同クラブに在籍し、公式戦133試合に出場した。現役引退後は、指導者キャリアをスタート。FCディンゴルフィングのユースチームを2年間指揮した後、2009年からはトップチームを率いた。2011年にはシュトゥットガルトの下部組織の監督に就任し、同チームをドイツ王者に導いている。

 シュトゥットガルトは、リーグ開幕から3連敗。ヨーロッパリーグ予選プレーオフも含めると、公式戦4連敗を喫していた。26日、成績不振によりブルーノ・ラッバディア監督を解任。後任人事に注目が集まっていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る