2013.08.25

ゲッツェ先発のバイエルンがニュルンベルクに快勝…清武は途中出場

ゲッツェ
今シーズンの公式戦初出場で、後半途中までプレーしたゲッツェ(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第3節が24日に行われ、バイエルンと日本代表MF清武弘嗣、MF金崎夢生の所属するニュルンベルクが対戦。清武はベンチスタート、金崎はベンチ外だった。

 開幕3連勝を目指すバイエルンは、ホーム戦に臨むと今夏に加入したマリオ・ゲッツェを先発メンバーで起用。序盤から押し込む展開を見せたが、前半はスコアレスで折り返した。

 バイエルンは、後半に入っても均衡を破れずにいたが、70分にニュルンベルクゴールをこじ開ける。波状攻撃を仕掛け、右サイドのフィリップ・ラームの上げたクロスをゴール前でフランク・リベリーがヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。

 ホームで先制すると、78分にはアルイェン・ロッベンが個人技でゴールを陥れた。右サイドのタッチライン際でボールを受けると、一気にゴール前までドリブルで持ち込み、最後は右足のシュートを流し込んだ。

 点差を広げたバイエルンは、守備陣もニュルンベルクにゴールを許さず、2-0の快勝を収めた。なお、清武は75分から途中出場していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る