2013.08.25

岡崎は先発、長谷部は途中投入で今季初出場…マインツが開幕3連勝

岡崎慎司
試合中に競り合う岡崎(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第3節が24日に行われ、日本代表FW岡崎慎司の所属するマインツと日本代表MF長谷部誠の所属するヴォルフスブルクが対戦。岡崎は先発出場、長谷部はベンチスタートだった。

 開幕3連勝を狙うマインツはホーム戦に臨んだが、序盤はヴォルフスブルクに攻め込まれる場面が目立った。しかし、GKハインツ・ミュラーの好セーブもあり、徐々にリズムを掴むと、23分に岡崎が絶好機を迎えた。スルーパスから抜け出してGKと一対一となったが、シュートは外れてしまい先制点とはならず。27分に岡崎のパスから、ニコライ・ミュラーもGKとの一対一となったが、枠を捉え切れなかった。

 後半に入ると、互いに得点できずに膠着状態が続く中、マインツが60分についに均衡を破った。CKのこぼれ球をゴール正面でマクシム・チュポ・モティングが蹴り込み、先制点を奪う。スコアを動かすと、64分にはヴォルフスブルクのルイス・グスタヴォが2枚目のイエローカードで退場処分を受けたことで、数的有利にも立った。

 マインツは攻め込みながらも追加点を奪えずにいると、76分に岡崎に代えてクリストフ・モリッツを投入した。すると、直後の78分にロングボールに反応したニコライ・ミュラーがディフェンスラインを抜け出し、GKとの一対一でシュートを蹴り込んでチームの2点目を挙げた。

 リードを広げたマインツは、ヴォルフスブルクを完封し、2-0と快勝。開幕3連勝を飾った。なお、長谷部は84分に投入されて、今シーズンの初出場を果たした。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング