2013.08.19

清武が直接FKで今季初ゴール…細貝との日本人対決をドローに持ち込む

清武弘嗣
土壇場に得点して、喜びを爆発させる清武 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第2節が18日に行われ、日本代表MF清武弘嗣、MF金崎夢生の所属するニュルンベルクと日本代表MF細貝萌の所属するヘルタ・ベルリンが対戦。清武と細貝は先発出場、金崎はベンチから外れた。

 試合は、ホームで戦うニュルンベルクが押し気味に進める展開。20分には清武のFKを、ダニエル・ギンチェクがヘディングで合わせてポスト直撃のシュートを放った。25分にはオラシオ・ピノラがミドルシュートを放ったが、枠を捉えることはできなかった。

 一方、ヘルタ・ベルリンもカウンターからチャンスを作るが、得点できない。互いにゴールを奪えずに前半終了間際を迎えたが、40分にニュルンベルクが均衡を破った。ドリブルで中央突破を図ったギンチェクがゴール前にスルーパスを送ると、抜け出したヨシップ・ドゥルミッチがシュートを流し込んだ。

 ニュルンベルクの1点リードで迎えた後半は、ヘルタ・ベルリンが攻勢に出た。54分には鮮やかなパス交換から一気にゴール前まで迫ったが、シュートがDFのブロックに遭い、得点とはならなかった。それでも、60分にサミ・アラギが右サイドから放ったシュートがニュルンベルクのベルカイ・トルガ・ダバンリに当たってコースが変わり、そのままゴールに吸い込まれた。

 振り出しに戻った試合は、互いに勝ち越し点を狙う中、75分にヘルタ・ベルリンがPKを獲得。逆転の絶好機をロニー・ヘベルソン・ファータドが落ち着いて蹴り込み、試合をひっくり返すことに成功した。

 逆転を許したニュルンベルクだったが、89分に清武がFKを直接蹴り込み、同点に追い付くことに成功。再び振り出しに戻った試合は、2-2のまま引き分けに終わった。なお、清武と細貝はともにフル出場だった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る