FOLLOW US

酒井高徳が先発出場のシュトゥット、ホーム完封負けで開幕連敗

先発出場した酒井高徳 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第2節が17日に行われ、日本代表DF酒井高徳の所属するシュトゥットガルトとレヴァークーゼンが対戦。酒井は先発出場した。

 リーグ戦初勝利を目指すシュトゥットガルトはホーム戦に臨んだが、序盤に得点チャンスがありながらゴールを奪えずにいると、42分にオウンゴールで先制点を与えてしまう。右サイドからセバスティアン・ボエニシュにグラウンダーのクロスを入れられると、ダニエル・シュヴァーブがスライディングでクリアをしようとしたボールが、そのままゴールに吸い込まれた。

 リードされたシュトゥットガルトは、後半開始とともに、カカウとモリッツ・ライトナーを投入して打開を図った。しかし、最後まで同点ゴールを奪えずに終わり、ホームで0-1の完封負け。開幕2連敗を喫した。なお、酒井は77分までプレーした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA