2013.08.13

独地元メディア採点…1得点岡崎やアシスト記録の細貝、清武を評価

清武弘嗣
及第点以上の評価が与えられた清武 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツの各地元メディアは、ブンデスリーガ第1節及びブンデスリーガ2部第3節における日本人選手の採点と寸評を発表した。

 1得点を挙げたマインツ所属の日本代表FW岡崎慎司や、1アシスト記録のヘルタ・ベルリン所属の同代表MF細貝萌、ニュルンベルクの同代表MF清武弘嗣は、及第点をやや上回る「2.5」となった。

 失点に絡んだシュトゥットガルトの日本代表DF酒井高徳や、ボーフムのMF田坂祐介には厳しい評価がついている。

 各メディアの採点と寸評がついた日本人選手は以下のとおり(最高点1、最低点6)。

■酒井宏樹(ハノーファー)
対ヴォルフスブルク戦(2-0○) フル出場
『Sportal.de』
採点:4.5
寸評:存在感を欠き、効果的なプレーもなく、逆サイドのクリスティアン・パンダーに比べ攻撃面でも足りなかった。とりわけ後半は78分に見られたように、途中から投入され酒井のサイドを上がってくるマルセル・シェーファーに手こずった。

■清武弘嗣(ニュルンベルク)
対ホッフェンハイム戦(2-2△) フル出場
『Sportal.de』
採点:2.5
寸評:テクニックと戦術の理解という点において、ニュルンベルクにとっての光明。的確なパスで度々試合を動かし、ここかしこでスペースも突いた。しかしながら、チームメートがそれを生かしきれず。

■細貝萌(ヘルタ・ベルリン)
対フランクフルト戦(6-1○) 先発出場、82分交代、1アシスト
『Sportal.de』
採点:2.5
寸評:細貝のスタメン抜擢はヨス・ルフカイ監督の好判断。特に前半はその動きと非常に上手い競り合いで、存在感が際立っていた。その後も攻撃面でアクセントをつけていた。4点目は直接アシストし、3点目と5点目にも絡んだ。

■乾貴士(フランクフルト)
対ヘルタ・ベルリン戦(1-6●) ベンチスタート、後半開始時から出場
『Frankfurter Rundschau』
採点:Schwachelnd(低調)
寸評:何回か上手いドリブルもあったが、守備では明らかな弱点になっていた。もはや(チームメートへの)協力を放棄したも同然。もっと戦術的に上乗せしなければならない。

■岡崎慎司(マインツ)
対シュトゥットガルト戦(3-2○) フル出場、1得点
『Allgemeine Zeitung』
採点:2.5
寸評:なんと出来た話か。マインツ最初の試合で古巣相手にゴール(65分)。この日本人選手が、オフサイド気味の位置を取っていたことは誰も気にしないだろう。彼の強烈なシュートで、あわやシュトゥットガルトGKスヴェン・ウルライヒの手袋を切り裂くところだった(32分)。もっとも、ちょっとした小休止もあったが。

■酒井高徳(シュトゥットガルト)
対マインツ戦(2-3●) フル出場
『Stuttgarter Nachrichten』
採点:3.5(最高点1、最低点4)
寸評:すでにザーダール・タスキの負傷交代前にニコライ・ミュラーにゴールを奪われたが(14分)、その場面は酒井も大きく絡んでいた。この日本人選手は中盤でボールを不用意に失い、それをミュラーが取って走りだした。そして、ベネディクト・ロッカーがマインツの猛攻を止めようと試みるも転倒し、失点を喫した。

■内田篤人(シャルケ)
対ハンブルガーSV戦(3-3△) フル出場
『Revier Sport』
採点:4
寸評:ジャック・ズアだけでなく、とりわけマルセル・ヤンセンが攻め上がってくる時に手こずっていた。右サイド後方はシャルケにとって弱点になっていた。

『Westdeutsche Allgemeine Zeitung』
採点:4
寸評:内田が最後の勝負でレギュラーの座を射止めた。プレシーズンはマルコ・ヘーガーが常に右サイドを守っていたが。前半は決していい内容ではなく、ボールをラインの外に出してしまうこともあり、ジェフェルソン・ファルファンとのコンビネーションがよくなったのも後半になってからだった。69分にアーダーム・サライにクロスを出したが、サライはハンブルガーGKレネ・アドラーに阻止された。

■田坂祐介(ボーフム、ブンデス2部)
対FSVフランクフルト戦(0-1●) フル出場
『RevierSport』
採点:6
寸評:シュート数3というのは、にわかに信じがたい数字だ。ボーフムに来て最も出来の悪い試合だった。頻繁にボールを失い、豊富な運動量の割には効果的なプレーができず。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
55pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る