2013.07.19

合宿に満足するドルトムントのクロップ「積極的な姿勢を見せた」

クロップ
合宿でのチーム出来に満足感を示したクロップ監督 [写真]=BVB.jp

 ドルトムントのユルゲン・クロップ監督が、スイスで8日間に及ぶプレシーズンキャップを総括し、チーム状態への自信を見せた。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 ドルトムントは8日間で14回の練習セッションと3試合の親善試合を消化。クロップ監督は、「私たちの世話をしてくれたスタッフは素晴らしく、ピッチもとても良かった。これ以上望めない最高の状態だったよ」と、スイスのバート・ラガーツで行ったキャンプに満足感を示し、長期休暇明けとなった選手たちにも「よくやってくれた。長い休みは自分たちで決めたが、積極的な姿勢を見せてくれたよ」とポジティブな評価をしている。

 一方で、今夏加入したアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが右足首のじん帯を部分断裂し、最長で4週間の離脱と診断されたことについて、「彼の負傷だけが残念。何も問題なければ最高だった」と新戦力の負傷を残念がったが、「痛みを感じているだけだから不安はないよ」と楽観的な姿勢を見せている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る