2013.07.18

ドルトの新戦力ムヒタリアンが負傷…ブンデス開幕戦出場に影響も

プレシーズンマッチで負傷したムヒタリアン [写真]=BVB.jp

 ドルトムントは17日、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが負傷離脱したことを日本語版クラブ公式HPで発表した。

 ムヒタリアンは、16日に行われたスイスのFCルツェルンとのプレシーズンマッチで負傷。精密検査を受けた結果、右足首じん帯の部分断裂で全治まで約4週間かかる見込みとなった。なお、8月18日に行われる2013-2014シーズンのブンデスリーガ開幕戦までには、復帰できる可能性があると発表された。

 ムヒタリアンは1989年生まれの24歳で、2010年にシャフタールに加入し、今夏に4年契約でドルトムントへの移籍を果たした。なお、2012-2013シーズンではリーグ戦29試合に出場し25ゴールをマークし、ウクライナリーグの得点王に輝いていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る