FOLLOW US

デュッセルが親善試合でモナコに競り勝つ…大前元紀は途中出場

 親善試合が14日に行われ、FW大前元紀の所属するデュッセルドルフとモナコが対戦。大前はベンチスタートだった。

 デュッセルドルフは、22分にシュテファン・ライジンガーが先制点を挙げると、前半終了間際の44分にもゲリト・ヴェークカンプが追加点を奪った。後半に入っても、53分にライジンガーがPKで加点。リードを3点に広げた。

 しかし、56分にモナコのハメス・ロドリゲスに得点されると、82分にはラダメル・ファルカオに追加点を奪われ、1点差に詰め寄られた。

 デュッセルドルフは、4点目こそ挙げられなかったが、1点差のまま逃げ切りに成功。3-2と競り勝った。なお、大前は54分から途中出場していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO