2013.06.30

ゼニト復帰のMFティモシュチュク「これが最後の移籍」

ティモシュチュク
ゼニトへ移籍するMFティモシュチュク [写真]=Getty Images

 バイエルンからゼニト・サンクトペテルブルクへの移籍が決まったウクライナ代表MFアナトリー・ティモシュチュクが、在籍4シーズンを振り返ってコメントした。バイエルンの公式HPが伝えている。

「(移籍の決断は)辛い。でも、別れはいつだって辛いものだ。移籍は、家族にとっても難しい決断なんだ。特に、バイエルンのように、ずば抜けた成績を残したチームを去るとなると、なおさらね。このクラブの選手たちは、皆とても仲が良いから、移籍後も連絡を取り合うつもりだよ。最高の4年間だった」

「これが最後の移籍になるだろうね。ゼニトとは2年契約を結んだ。ゼニトは私の最が愛するチームだ。ヨーロッパのタイトルを初めて獲得したチームでもある。2009年にチームを去る時には、皆が歌って、花火まで打ち上げてくれた。盛大に送り出してくれたんだよ。あの瞬間を忘れたことはない。ロシアに戻るとすれば、ゼニト以外に行き先はないと決めていたんだ」

 34歳のティモシチョクは、2009年にゼニトからバイエルンに加入。リーグ戦86試合に出場、4得点を記録した。今シーズン限りでバイエルンを退団し、古巣ゼニトに2年契約で戻ることとなった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る