2013.06.03

シュトゥット岡崎「勝たなければいけない試合だった」

岡崎慎司
岡崎慎司(右)がDFB杯決勝を振り返ってコメントした [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツの国内カップ戦であるDFBポカール決勝が1日に行われ、バイエルンと日本代表DF酒井高徳、FW岡崎慎司の所属するシュトゥットガルトが対戦。バイエルンが3-2で勝利し、チャンピオンズリーグ、ブンデスリーガとあわせて、ドイツ史上初の3冠を達成した。

 62分から途中出場し、80分にチームの2点目につながるポスト直撃のミドルシュートを放った岡崎が、以下のようにコメントした。ブンデスリーガ公式HPが伝えている。

「僕が途中出場する前に(スコアが)0-3になったので、まさかこんな展開になるとは(思わなかった)勝てるチャンスがあるところまでいったので。(0-3から2点を返して)2-3まで行けても、『結局はバイエルンが優勝か』となる。勝たなければいけない試合だったので、正直、本当に悔しい」

「カップ戦の決勝なので、『今日は絶対にやってやる』という気持ちもあった。それをゴールに対して、いろいろな部分で試してきた。例えば、リズムを作るとか。そういうプレーを今日は出せたと思う。違いを出せて、最後のところにも入っていけて、でも、最後(のフィニッシュを)決められないという。自分が活きていくためには、そこを決めないと。自分が(スコアを)動かすことができた試合だったので、悔しい。今年はそういう試合を何度もやってきた。自分が点を取るチャンスがあったけど(決められない)それがはっきりしたという感じですね」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る