2013.06.02

代表に合流する酒井高徳「呼ばれることが今は成長できる場」

酒井高徳
バイエルン戦で途中出場ながら1アシストを記録した酒井 [写真]=千葉 格

 ドイツの国内カップ戦であるDFBポカール決勝が1日に行われ、バイエルンと日本代表DF酒井高徳、FW岡崎慎司の所属するシュトゥットガルトが対戦。バイエルンが3-2で勝利し、チャンピオンズリーグ、ブンデスリーガに続くカップ戦制覇で、ドイツ史上初の3冠を達成した。

 試合後、67分から途中出場し、72分にチームの1点目となるマルティン・ハルニクのゴールをアシストした酒井が、以下のようにコメントし、4日に行われるオーストラリア代表とのブラジル・ワールドカップ予選やコンフェデレーションズカップを控える日本代表について語った。

―この後、代表戦が待っていますが、どういう気持ちで?
「こっちのシーズンは終わったんで、(クラブでは)シーズンから切り替えることは。自分らしさが何なのかっていうのをしっかり持ち帰ってやりたいかなっていうのはあるので、シーズンは終わったけど気持ちだけは代表モードに切り替えてやっていきたいなとは思います」

―(休みがなくて)大変?
「いや、俺にとっては代表に選ばれたことは嬉しいことですよ。当たり前じゃないんで、俺はまだ。代表に呼ばれることがとりあえず今は、成長できる場なので。いろんな選手見て、いろんなサッカーの考え方を考えられるし。いろんな経験もできるし、ヨルダン戦で自分のミスでとか。そういうW杯の出場が掛かった試合に出場してそういうプレーをするかっていうところもすごく成長できると思うし。今の自分にとって忙しいのはありがたいことかなと。もちろんキツさはありますけど」

―前回アジアカップで直前に怪我をして、というのがあると長い大会に行きたいというのはある?
「はい、思いますね。決勝もテレビで見ていたんで、出る、出ないとかじゃなくて、一員として、あそこにいたかったなぁと思ったし、ユニフォームを掲げてくれた選手もいたので、すごく悔しかったっていうのは、自分に対してあったので。コンフェデのメンバーとかも決まってないですけど、しっかり目の前の試合、練習でアピールして、そういう大会に参加して、最後までいられたらいいかなと思いますね」

―あの時出ていたらドイツ代表だという話も出てこなかったけど。
「そうですね。その通りです(笑)。」

―自分の中で、代表の中でやるイメージは出来ている?
「そうですね。カナダ戦、ヨルダン戦と2戦連続でやって、だいぶ自分の活かされ方は掴めたし、それこそ代表のコンセプトは理解しているつもりだし、もっと徹底しなきゃいけないところはあると思いますけど。最低限のコンセプトは理解しているし、他の選手がどういうプレーが得意なのか、どういうところで欲しいのか、足元なのか裏なのか、そういう選手とのプレーのコミュニケーションを取りたいかなと。自分は活かしてもらいたいタイプの選手なんで。例えばクロスをここに上げてほしいという選手がいたら、そういうイメージを持ちながら、各選手と良いコミュニケーションをとれたらなと思います」

―長い期間(代表にいる期間が)欲しいですね。
「そうですね。コンフェデに行きたいですし、そういう意味では良い場所ですし。まぁ、それでもまずは目の前の試合を意識していきたいなと思いますね」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る