2013.05.30

ルンメニゲ氏「リベリーは『契約を延長したい』と話していた」

バイエルンのルンメニゲ社長(右)が選手の去就について言及した [写真]=Getty Images

 25日に行われたチャンピオンズリーグ決勝で、ドルトムントとバイエルンが対戦。バイエルンが2-1で勝利を収め、2000-2001シーズン以来となる12年ぶり5度目の大会制覇を果たした。

 今シーズン、ブンデスリーガを制したバイエルンは、DFBポカールでも決勝に進出。6月1日の決勝で勝利を収めれば、国内初の三冠達成となる。決勝では、日本代表DF酒井高徳、日本代表FW岡崎慎司が所属するシュトゥットガルトと対戦する。

 バイエルンの代表取締役社長を務める元ドイツ代表FWのカール・ハインツ・ルンメニゲ氏が、所属選手の去就についてコメントした。クラブの公式HPが伝えている。

「(今シーズン限りで契約が切れるウクライナ代表MFアナトリー・ティモシュチュク、ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ、ベルギー代表DFダニエル・ファン・ブイテンについて)ティモ(シュチュク)は『クラブを去るつもりだ』と伝えてきた。どこに移籍するかは、DFBポカール決勝の後に話すつもりだそうだ。ダニエル(ファン・ブイテン)とクラウディオ(ピサーロ)については、決勝の後に話し合いをすることになっている」

「フランク(リベリー)は、『喜んで契約を延長したい』と我々に話していた。また、『バイエルンでキャリアを終えることも考えている』とね。扉は常に開かれていて、そこを通るのは彼自身だ。彼は既に6年間、バイエルンでプレーしている。そのことが、彼がここで居心地良く思っていることを証明しているんだ。彼にどれほどのクオリティがあるのかを知っている。契約延長に反対する者はいないだろう」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る