2013.05.27

バイエルン戦を振り返るドルトSD「試合後は不思議な気分だった」

ツォルク
バイエルンとのCL決勝戦を振り返ったツォルク氏 [写真]=BVB.jp

 チャンピオンズリーグ決勝が25日、イングランドのウェンブリー・スタジアムで行われ、ドルトムントとバイエルンが対戦。2-1で勝利したバイエルンが、2000-2001シーズン以来となる12年ぶり5度目の欧州制覇を果たした。

 ドルトムントのスポーツ・ディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏が、日本語版クラブ公式HPを通じ、以下のようにバイエルン戦を振り返った。

「試合終了間際に、あんなボディブローを食らえば致命傷になるだろう。スコアは1-2となり、我々にはあのダメージから回復する時間なんて残されていなかった。試合直後の私は、素晴らしいパフォーマンスでここまで勝ち上がったチームへの誇りだけでなく、絶望的な悲しさも入り混じった不思議な気分だった」

「後半に入ると、バイエルンの方が多くチャンスを作っていた。我々は延長戦を見越して1、2人の選手を交代させるつもりだったが、交代のカードをなかなか切ることができなかった。ほんの少しの差で、バイエルンがこの試合を制したんだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る