2013.05.23

バイエルンDFバトシュトゥバー、じん帯再断裂で全治10カ月

じん帯再断裂の悲劇に見舞われたバトシュトゥバー [写真]=Bongarts/Getty Images

 バイエルンは22日、ドイツ代表DFホルガー・バトシュトゥバーが、右ひざの手術を行い、全治10カ月と診断されたことを発表した。

 バトシュトゥバーは、2012年12月1日に行われたブンデスリーガ第15節のドルトムント戦で右ひざ前十字じん帯断裂の重傷を負った。今シーズン中の復帰を目指していたが、18日のリハビリ中に、じん帯を再断裂してしまった。アメリカで手術を行ったバトシュトゥバーは、完全断裂で機能しなくなった前十字じん帯を完全に取り除き、今後再建手術を行う。選手生命に影響はないと併せて発表されている。

 24歳のバトシュトゥバーは、バイエルンの下部組織出身で、2008年にトップチームへ昇格。その後レギュラーに定着し、今シーズンも負傷するまで、リーグ戦12試合に出場していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る