2013.05.20

急遽GKを務めたドルトムントMF「PKは止められると思った」

急遽、GKを務めたグロスクロイツ [写真]=BVB.jp

 ドルトムントは、18日にホームで行われたブンデスリーガ最終節で、ホッフェンハイムと対戦し、1-2で敗れた。ドイツ代表MFケヴィン・グロスクロイツが、試合途中にGKを務めた場面を振り返った。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 ドルトムント81分に、ドイツ人GKロマン・ヴァイデンフェラーがペナルティエリア内でファウルを犯し、退場処分となるアクシデントが発生。交代枠を使い切っていたため、グロスクロイツが急遽GKを務めた。

 グロスクロイツは、直後のPKで決勝点を決められた場面を振り返り、「ゴール前に行かなくてはならなくなったときは、妙な気分だったよ。それでも、あのPKは止められると思ったんだ」とコメント。「チームメートがいろいろアドバイスをしてくれて、意見はキッカーが片方のコーナーを狙ってくるということで一致していたんだ。しかし、ゴール中央に蹴り込まれてしまったね」と、失点シーンについて語った。

 なお、ドルトムントはホッフェンハイム戦を前に、2位が確定していた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る