2013.05.20

ヴォルフス長谷部「人間として成長できたシーズン」

長谷部誠(左)はフランクフルト戦でレッドカードを受け、退場となった [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ最終節が18日に行われ、日本代表MF乾貴士の所属するフランクフルトと日本代表MF長谷部誠の所属するヴォルフスブルクが対戦。2-2の引き分けに終わった。乾と長谷部は、ともに先発出場。長谷部は35分、ペナルティーエリア内で乾を倒し、レッドカードで退場、PKを献上した。乾はフル出場。フランクフルトはリーグ戦を6位で終え、来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を獲得した。

 試合後、長谷部がフランクフルト戦と今シーズンを振り返った。ブンデスリーガ公式HPがコメントを伝えている。

「(退場という残念な形で今シーズンが終わってしまったが)残念…。そうですね。個人的には最後にレッドカードをもらってしまったので。シーズンを良い形で終わりたかったですけどね。今日の試合を見れば、普通にやっていれば、うちのほうが良いチームだったし、(最後まで)11人対11人でやれば、間違いなくうちが勝っていた。その意味ではチームには迷惑かけたと思います」

「(退場するまでは、安定感のあるプレーだったと思うが)良かったといえば良かったですけど、退場になったので。それまでのプレーは関係ないと思いますけどね」

「(退場の場面は)乾がうまかったと思います。僕はほとんどよけたし、完全に乾がPKをもらいに来たので。あれは本当に乾がうまかったと思いますね。(うまく倒れた)そうですね。非常に難しい判定で、厳しいジャッジだったと思いますけど。でもこれがサッカーなので。レフェリーも含めてサッカーなので」

「(今シーズンを振り返って)本当にいろいろな経験ができて、最初はなかなか試合に出られなかったんですけど、そこから監督が代わって。そこから2回。監督が代わって、試合に出られるようになった。いろいろなポジションでプレーして、サッカー選手としてだけではなく、1人の人間として成長できたシーズンかなと思います」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る