2013.05.20

ブンデス最終節で途中交代の岡崎「今季を象徴する試合」

マインツ戦で先発出場した岡崎慎司(中央) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ最終節が18日に行われ、日本代表FW岡崎慎司、 DF酒井高徳の所属するシュトゥットガルトとマインツが対戦。2-2の引き分けに終わった。岡崎、酒井はともに先発出場。岡崎は71分、酒井は87分に途中交代した。

 試合後、岡崎がマインツ戦を振り返ってコメントした。ブンデスリーガ公式HPが伝えている。

「(前半に先制されて、逆転した後に追い付かれる展開だった)チーム全体として、本当に90分間ふわっとしていたという感じがした。相手のほうがやることがしっかりしていて、まとまっていたかなと。うちは逆に、単体で攻撃していた感じ。久々に暑かったので、みんなも自分自身も動けなかったという面もあった」

「(6月1日のDFBポカール決勝に向けたアピールという意識はあった?)自分にはあったけど、周りの選手とかはそうは思っていなかったんじゃないかな。『絶対に勝ちたい』という試合では、しっかり役割が決まっていて、そこから出ていくことができている時は、うちのチームは良いんですけど。やっぱり攻撃になった時に、全体的に前へ行き過ぎて、(試合のペースを)作るところで(本来のポジションから)いなくなっちゃうので」

「(同点ゴールの場面では起点になったが)そうですね。あの場面みたいに、前向きにボールを落とされた時には自分のプレーができる。そういうプレーをできる瞬間が少なすぎるというのは、このチームでやっていていつも思う。今の状況では、自分は存在感を出さないといけない。そう考えると、自分は消えてる時間も多かったし、正直、交代させられて仕方ないと思った。今シーズンの自分が一番苦戦してた部分がモロに出たのかなと。可もなく不可もなくというプレーをして、インパクトもなく70分ぐらいで一番最初に交代させられる。それを象徴する試合だったのかなと思います」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
65pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る