2013.05.19

酒井宏樹が4戦連続フル出場…大前所属のデュッセルは2部降格

フル出場で勝利に貢献した酒井宏樹(中央) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ最終節が18日に行われ、日本代表DF酒井宏樹の所属するハノーファーと、FW大前元紀の所属するデュッセルドルフが対戦。酒井は先発出場、大前はベンチから外れた。

 ホーム戦に臨んだハノーファーは、36分にマム・ビラム・ディウフが先制点を奪取。1点リードで迎えた後半にも、ディディエ・ヤ・コナンが61分と76分に得点して、リードを3点に広げた。

 ハノーファーは、守備陣もデュッセルドルフを完封。3-0で勝利して、リーグ戦を白星で締めくくった。一方、敗れたデュッセルドルフは、5連敗で12試合未勝利のまま、シーズンを終了。勝ち点30の17位に転落して、1年で2部降格となった。

 なお、酒井は4試合連続のフル出場だった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る