2013.05.15

内田の同僚である元ドイツ代表DFメッツェルダーが現役引退へ

メッツェルダー
現役を引退する見込みとなったメッツェルダー [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表DF内田篤人の所属するシャルケの元ドイツ代表DFクリストフ・メッツェルダーが、現役を引退する見込みとなった。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。

 同誌では、32歳のメッツェルダーが今シーズン限りで引退する決意を固めたと報道。16日に正式発表されると伝えた。

 メッツェルダーは、2000年にドルトムントに加入すると、2001-2002シーズンのブンデスリーガ優勝に貢献。2007年から2010年まではレアル・マドリードに在籍し、2007-2008シーズンにはリーガ・エスパニョーラ優勝を経験した。シャルケには2010年に加入して、2010-2011シーズンのドイツ・カップ制覇に貢献した。

 ドイツ代表でも、47試合に出場。2002年と2006年のワールドカップ、ユーロ2008のメンバーに選ばれていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る