2013.05.11

CL決勝での復帰を目指すゲッツェ、13日からランニングを開始

ゲッツェ
バイエルンと対戦するCL決勝での復帰を目指すゲッツェ [写真]=BVB.jp

 ドルトムントを率いるユルゲン・クロップ監督は11日、負傷中のドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが、25日に行われるチャンピオンズリーグ決勝のバイエルン戦で起用できる見込みであると明かした。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 ゲッツェは、4月30日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグのレアル・マドリード戦でハムストリングを負傷。バイエルンと対戦する同大会決勝への出場が危ぶまれていたが、13日からランニングメニューを開始する予定となった。

 クロップ監督は、現在リハビリメニューをこなしているゲッツェについて、「(ランニングを開始できるようになることは)非常に良いニュースだよ」とコメント。続けて、「1週間はフルメニューをこなすことができる。そうすれば、決勝でプレーすることが可能になるだろう」と語った。

 ゲッツェは今シーズン、リーグ戦28試合に出場し10得点を記録。今シーズン終了後に、バイエルンへ移籍することが決定している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
アトレティコ・マドリード
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る