2013.05.10

ドルトムントの元ドイツ代表DFオボモイエラ、太もも負傷で今季終了

3部の試合に出場中、太ももを痛めたオボモイエラ(左) [写真]=BVB.jp

 ドルトムントは9日、元ドイツ代表DFパトリック・オボモイエラが、太ももを痛めたため一足早く、今シーズンが終わったと発表した。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 オボモイエラは、7日にU-23チームの一員として、3部リーグの試合に出場したが、太ももを負傷。「唯一の朗報は手術の必要がないことだけ」とコメントを残している。

 オボモイエラは、度重なる負傷に悩まされ、2012年5月に左ふくらはぎを痛めると、10月にも同箇所を痛めて手術に踏み切った。今シーズンはリーグ戦での出場機会はなかった。ドルトムントには2008年から加入し、リーグ戦76試合出場3得点12アシストを記録。クラブとの契約は今シーズン限りとなっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る