2013.05.10

前節に脳震とうで交代の内田、11日のシュトゥット戦は先発か

前節、相手選手と衝突して脳震とうを起こした内田 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツ誌『キッカー』は、11日に行われるブンデスリーガ第33節、日本代表DF内田篤人の所属するシャルケと同代表FW岡崎慎司、DF酒井高徳の所属するシュトゥットガルト戦の先発予想を発表。前節、脳震とうで前半のみの出場となった内田は先発予想となっている。

 内田は、3日に開催されたボルシアMG戦で、10分に相手選手と交錯。前半のみの出場で途中交代し、病院でCT検査を受けた結果、軽度の脳震とうと診断されていた。状態が心配された内田だが、6日には練習を再開しており、自身も「だいぶ良くなりました。シュトゥットガルト戦で、(イェンス・ケラー)監督に再び起用してもらえる段階まで戻せると思います」とコメントしていた。

 シャルケは、オランダ代表FWクラース・ヤン・フンテラールやペルー代表MFジェフェルソン・ファルファンらが先発予想されている。また、対戦相手のシュトゥットガルトでは、酒井が累積警告で欠場することが決まっており、岡崎もベンチスタート予想となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る