2013.05.07

今季2点目を挙げた長谷部「ブンデスは世界最強リーグ」

今季2点目を挙げた長谷部誠(左)がハンブルガーSV戦後にコメントした [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第32節が5日に行われ、ハンブルガーSVと日本代表MF長谷部誠の所属するヴォルフスブルクが対戦。1-1の引き分けに終わった。先発出場した長谷部は、65分にダイビングヘッドで同点ゴールを決め、フル出場を果たした。

 試合後、長谷部が試合と自身のゴールを振り返った。ブンデスリーガ公式HPがコメントを伝えている。

「(今シーズン2ゴール目を挙げたが)それはもちろんうれしいです。でも、心の底から満足とはいかないですけど。今日は非常に多くのチャンスがあったので、追加点を決めることができたはずです。勝たなければいけない試合でした。勝てていたら、喜びはもっと大きかったと思います」

「(ハンブルガーSV戦の引き分けで、来シーズンのヨーロッパリーグ出場の可能性がなくなったが?)今日の試合を制していれば、まだチャンスが残っていただけに、残念です。今シーズンはスタートダッシュに失敗してしまいました。第8節までに獲得した勝ち点がわずか5ポイントというのは、さすがに少なすぎましたね。勝利があと2試合多ければ、今頃はまだヨーロッパリーグ出場権争いに絡めていたと思います」

「(リーグ戦8試合無敗だが、来シーズンに向けての自信につながる?)8試合連続で負けなしというのは良い結果ですが、実際にはそこで3勝しかできていない。もっと(多くの試合で)勝たなければいけなかった。今日のハンブルガーSV戦のように、チャンスを生かしきれていないんですよね。来シーズンはこのような試合で、もっと勝てるようにしたいです」

「(2008年1月にブンデスリーガに移籍してから、現在までの自己評価は?)基本的には満足していますが、これまでに5ゴールしか取っていない。これは少なすぎるので、改善していく必要があります。ヴォルフスブルクとの契約はあと1年(2014年6月末まで)ですが、自分としては、それ以降もこのクラブでプレーしたいと思っています」

「ブンデスリーガは、日本でとても人気があります。特に今は、(ドイツ勢同士の決勝となった)チャンピオンズリーグの効果もありそうですね。個人的には、ブンデスリーガが世界最強のリーグだと思います」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
セビージャ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
48pt
ラツィオ
46pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング