2013.05.05

オウンゴール献上のシュトゥット酒井「調子は良かったのだが」

グロイター・フュルト戦後にコメントしたDF酒井高徳 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第32節が4日に行われ、日本代表FW岡崎慎司、DF酒井高徳の所属するシュトゥットガルトとグロイター・フュルトが対戦。ホームのシュトゥットガルトは、0-2で完封負けを喫した。岡崎、酒井はともに先発出場。岡崎は67分までプレーし、酒井はフル出場を果たした。なお、酒井は52分に、グロイター・フュルトの先制点となるオウンゴールを献上した。

 試合後、酒井が敗戦を振り返ってコメントした。ブンデスリーガ公式HPが伝えている。

「(オウンゴールを献上してしまったが)初ゴールですね(苦笑)いや、調子が良かったというか、最近では一番、身体が動いていたと思っていたのですが…。そうですね…。なんとも言えない感じですね…。(調子が)良かっただけに。結局、結果を見られるので、(今日のプレーは)悪かったという形になってしまうと思います。それが正直なところです」

「(試合内容について)失点してからリズムが悪くなりました。でも、チャンスはあったので…。(得点が)入っていれば、(試合展開は)分からなかったと思いますけど。ただ、『たられば』ではサッカーはできないと思います。失点の部分に関しては、外に相手選手が1人いたので、マークにつこうかと思ったんですけど、中央に走り込んでる選手も見えたので、少し遅れながらボールにアプローチしたという感じです。リアクションが遅れて、精一杯、身体を伸ばしました。(ボールに)当たった瞬間に、『入るなこれ』と思いました。(プレー選択の)優先順位が良くなかったかなと。外に気を取られてしまったので。どちらが危ないのかということをもっと早く、瞬時にキャッチできたらよかったのですが。そこだけですね、今日は」

「(累積警告で次節が出場停止となり、酒井にとってのリーグ戦は残り1試合となった)今日のパフォーマンスを観て、復帰させてくれるかどうかはまだ分かんないので。また、練習からしっかりやるだけです」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る