FOLLOW US

CL決勝の前哨戦はドロー決着…ドルトがバイエルンの連勝を止める

CL前哨戦はドローに終わった [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第32節が4日に行われ、2位のドルトムントと既に優勝を決めているバイエルンが対戦した。

 チャンピオンズリーグ決勝の前哨戦となった試合は、互いに主力選手を温存する中、ホームのドルトムントが開始11分に先制。左サイドを突破したヤクブ・ブワシチコフスキがクロスを上げると、ゴール前に走り込んだケヴィン・グロスクロイツが豪快な右足ボレーシュートを叩き込んだ。

 一方、アウェーのバイエルンもすぐさま反撃。23分に右サイドのラフィーニャがクロスを入れると、ゴール前でマリオ・ゴメスが頭で合わせ、ドルトムントゴールを破った。

 振り出しに戻った試合は、互いに勝ち越しのチャンスを決めきれなかったが、59分にドルトムントに絶好機が訪れた。ヌリ・シャヒンが放ったシュートが、バイエルンのジェローム・ボアテングのハンドを誘ってPKを獲得。ところが、ロベルト・レヴァンドフスキのシュートはGKマヌエル・ノイアーの好セーブに防がれ、勝ち越しとはならなかった。

 64分には、バイエルンのラフィーニャが2枚目の警告を受け退場処分となり、人数の均衡は崩れた。しかし、最後まで互いに決勝点は生まれず、1-1のままタイムアップを迎えた。6連勝中だったドルトムントと、14連勝中だったバイエルンは、互いに連勝がストップ。ドルトムントは7試合、バイエルンは23試合負けなしとなっている。

 なお、両チームは、25日にイングランドのウェンブリー・スタジアムで行われるチャンピオンズリーグ決勝で再び対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA