FOLLOW US

ドルト指揮官「レアルとのファーストレグの状態に戻れれば最高」

ドルトムントを指揮するクロップ監督 [写真]=BVB.jp

 ドルトムントは、27日に行われるブンデスリーガ第31節でFW大前元紀の所属するデュッセルドルフと対戦する。敵地での一戦を控え、ユルゲン・クロップ監督が意気込みを語った。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 クロップ監督は試合に臨むメンバーついて、「1人か2人の変更を検討している」とコメント。選手の入れ替えを示唆するとともに、「満員のスタジアムで、デュッセルドルフにとっても重要な一戦なんだ。やっかいな試合になるだろうね」と、アウェーでの戦いを警戒した。

 また、30日に行われるチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグでのレアル・マドリードとのアウェー戦に向けても、「いくつか変更を加えて、(レアル・マドリードとのファーストレグを行った)24日の状態に戻ることができれば最高だね」と言及した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA