2013.04.26

ゲッツェの後釜候補、ドラクスラーやソン・フンミンら若手に注目か

ドラクスラー
ゲッツェの後釜として名前の挙がったドラクスラー [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツ誌『キッカー』は、ドルトムントに所属するドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが来シーズンからバイエルンに移籍することで合意したことを受け、クラブが後釜として狙っている候補選手を伝えた。

 同誌は、ドルトムントがゲッツェの移籍金で得る3700万ユーロ(約47億7000万円)とチャンピオンズリーグで準決勝まで勝ち進んだことにより手にする5500万ユーロ(約70億9000万円)を元手に補強に動くと見ており、有力なターゲットの1人として、シャルケに所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーの名を挙げている。19歳のドラクスラーは2016年まで契約を残しているが、最低2000万ユーロ(約25億8000万円)程度の移籍金から交渉次第では、獲得の可能性があると報じている。

 しかし、ドイツ紙『ビルト』は、「フットボール以外でドルトムントを訪れたことはない。常にシャルケのファンでいるし、僕の心の大事な部分を占めている」とドラクスラーが過去に発言したコメントを紹介。ドラクスラーは8歳からシャルケでプレーしており、最大のライバルクラブであるドルトムントへの移籍の可能性は低いと見ている。

『キッカー』は、ドラクスラー以外にも、チェルシーからブレーメンにレンタル移籍中で、今夏にレヴァークーゼンへ移籍することが有力と見られているベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネ(21)や、ハンブルガーSVの韓国代表FWソン・フンミン(20)、ボーフムのドイツ人MFレオン・ゴレツカ(18)といった20歳前後で国内において結果を残している若手の名を獲得候補として挙げている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング