2013.04.24

ホッフェン監督、宇佐美に戦力外通告か「出場があるとは思えない」

今シーズンのリーグ戦で2ゴールを挙げた宇佐美貴史 [写真]=原田亮太

 ドイツ誌『キッカー』は23日、ホッフェンハイムに所属する日本代表MF宇佐美貴史が戦力外となったと報じた。

 同誌は、マークス・ギズドル監督が「これまでの3週間を分析して、残りの3週間に向け、出場させたいと思う選手だけで取り組みたい」と語ったと報道。宇佐美を含めた4選手は、「残り試合で出場機会が巡って来るような現実的なチャンスがあるとは思えない」とコメントされたと伝え、戦力外となった経緯を報じた。

戦力外と報じられたのは、宇佐美の他にペルー人DFルイス・アドビンクラ、ガーナ人FWアフリイェ・アクア、セルビア人FWフィリップ・マルバシッチの3選手となっている。

 宇佐美は昨夏、G大阪からホッフェンハイムに期限付き移籍で加入。今シーズンはリーグ戦20試合に出場して2ゴールを挙げているが、今月2日にギズドル監督が就任してからは、ベンチ入りメンバーからも外れていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る