2013.04.23

バイエルンの主将ラーム「バルサ戦はサッカーの宴になる」

ラーム
CLバルセロナ戦の前日会見に臨んだラーム [写真]=Bongarts/Getty Images

 23日に行われるチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグで、バイエルンとバルセロナが対戦する。前日会見に臨んだバイエルンのドイツ代表DFフィリップ・ラームが、同試合への意気込みを語っている。『UEFA.com』が伝えた。

 ラームはバルセロナについて、「おそらく欧州でトップのチーム」と語った一方、「僕たちは昨シーズンの決勝での敗戦をバネに、全員が前に進んだ。この1年で大きく成長したんだ」とコメント。同試合について、「ファンタスティックなサッカーの宴になる。おもしろい戦いになるはずさ」と語っている。

 バイエルンは、2008-2009シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝でバルセロナと対戦し、2戦合計スコア1-5で敗れ、同大会からの敗退を余儀なくされている。しかし、ラームは4年前の試合とは「全くの別物」であるとし、バルセロナ撃破へ意気込んでいる。

「(4年前のファーストレグで)0-4で敗れた事実を取り消すことはできない。でも、僕たちは大きく成長したし、当時の試合とは全くの別物さ。バイエルンには、彼らにダメージを与えられる選手がいる。試合が楽しみだよ」

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る