FOLLOW US

フランクフルトの乾「個人的には結果を残したかった」

シャルケ戦を振り返った乾(右) [写真]=千葉格

 20日に行われたブンデスリーガ第30節で、日本代表MF乾貴士の所属するフランクフルトと日本代表DF内田篤人の所属するシャルケが対戦した。試合は、ホームのフランクフルトが1-0で勝利し、ヨーロッパリーグ出場権獲得圏内の6位に浮上している。

 フル出場した乾は、同試合を振り返り以下のようにコメントしている。

―シャルケとは上位争いをしていて、何としても勝たなければいけない、という試合でしたか?
「そうですね。この前の試合(第29節のアウクスブルク戦)が良くなかったので、今日はしっかり勝たなければいけませんでした。大きな勝利です」

―個人的にはどうでしたか?
「シュートチャンスが何回かありましたし、それをしっかり決めないと。結果を残したかったです」

―ボールに絡めなかったというのは、チャンスメイクの場面でですか? それとも試合全体を通してでしょうか?
「全体的にですね」

―何回か裏に抜ける場面がありましたが、トラップが流れてしまいました。
「そうですね。しっかりとトラップしないといけないですし、もっと精度を上げていく必要があります」

―前半終了間際に、トラップしてシュートした場面がありましたが、どういうイメージでしたか?
「ちょっとトラップが浮いてしまい、もう一回タッチを入れようかと思ったんですが、思い切ってシュートしました」

―前回対戦時と比べると内田選手と近い距離でプレーする機会が多かったのでは?
「そうですかね? そこまで意識はしていなかったです」

―前半、裏に抜けて2人で競り合った場面もありました。
「僕はああいう場面で弱いので、競り勝つことができればもっといけたんじゃないかと思います。あの場面では完全に負けてしまいました」

―ゴールにつながるFKを獲得した場面はどうでしょう?
「おそらくファールだと思いますが、ウッチーに聞いてください」

―リーグ戦は残り4試合ですが、チームとしての目標を教えてください。
「もちろん、チャンピオンズリーグの出場権を獲得できればいいと思っていますし、狙っていますが、まずは1試合1試合勝たないと意味がないです。今日の試合のように、みんなが気持ちを出してやれば問題ないと思います。また1週間空くので、それを続けられるようにやっていきたいです」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO