2013.04.21

日本人対決は乾に軍配…ホームのフランクフルトがシャルケを下す

内田篤人
ユニフォームを交換する乾貴士と内田篤人 [写真]=原田亮太

 20日に行われたブンデスリーガ第30節で、日本代表MF乾貴士の所属するフランクフルトと日本代表DF内田篤人の所属するシャルケが対戦した。

 最初にチャンスをつかんだのは、アウェーのシャルケ。11分、自陣からのロングボールに抜け出したミシェウ・バストスがシュート。しかし、これはGKオカ・ニコロフがセーブした。さらに、シャルケは23分にFKを得ると、バストスが蹴ったボールが壁に入っていたシュテファン・アイグナーの手に当たり、PKを獲得。しかし、バストスのキックはまたもGKニコロフに防がれ、先制のチャンスを逃す。対するフランクフルトは41分、左サイドで乾がボールをキープすると、内田に倒されFKを得る。このFKをマルコ・ルスが頭で合わせ、先制に成功した。

 前半を1点ビハインドで終えたシャルケは47分、バストスのクロスから、テーモ・プッキがゴールネットを揺らすが、直前のプレーでゴールラインを割っていたと判定され、ゴールは認められず。さらにユリアン・ドラクスラーが決定機を迎えたが、同点ゴールを挙げられない。1点リードのフランクフルトは、乾が積極的な仕掛けを見せ、相手ゴールに迫る。左サイドからカットインして放ったシュートは、GKティモ・ヒルデブラントに惜しくも阻まれたが、試合を通じて多くのチャンスを作った。その後も両チームともに攻勢に出るが、得点は生まれず、そのまま試合終了。ホームのフランクフルトが1-0でシャルケを下した。なお、乾と内田はともにフル出場を果たしている。

 勝利を収めたフランクフルトは、勝ち点を45に伸ばし6位に浮上。一方、敗れたシャルケは、4位をキープしているものの、明日の5位フライブルクの結果次第では、チャンピオンズリーグ圏外の5位に転落する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る