2013.04.19

アトレティコが関心を抱くジエゴ、今夏はヴォルフス残留の見込み

ジエゴ
今夏の移籍市場での退団が噂されていたジエゴ [写真]=Getty Images

 ドイツ誌『キッカー』は18日、日本代表MF長谷部誠の同僚であるヴォルフスブルクの元ブラジル代表MFジエゴが、来シーズンも残留する見込みだと報じた。

 ジエゴは同メディアに対し、「(ディーター・)ヘッキング監督と(クラウス・)アロフスSD(スポーツディレクター)から、僕が来シーズンの構想に含まれていると聞いた」とコメント。続けて、「数日前にそのことを知ったんだ。とても感謝しているよ」と語っている。ジエゴは、ヴォルフスブルクとの契約が2014年6月までとなっており、移籍金が発生する今夏の移籍市場で退団すると噂されていたが、来シーズンも同クラブでプレーする見込みとなった。

 ジエゴは今シーズン、リーグ戦27試合に出場し、7得点を記録。同選手には、アトレティコ・マドリードが関心を持っており、今夏の獲得を検討していると報じられていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る