2013.04.18

ドイツ杯決勝を見据える岡崎「自分の色を出して、一発決めたい」

岡崎慎司
ドイツ杯決勝に向けてコメントした岡崎慎司(左) [写真]=Getty Images

 ドイツ・カップ準決勝が17日に行われ、日本代表FW岡崎慎司、DF酒井高徳の所属するシュトゥットガルトとフライブルクが対戦。シュトゥットガルトが2-1で勝利を収め、6シーズンぶりの決勝進出を果たした。また、決勝で対戦するバイエルンがチャンピオンズリーグの出場権を獲得しているため、シュトゥットガルトは来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を掴んだ。

 87分から途中出場した岡崎が、勝利を振り返って以下のようにコメントした。

―決勝進出を決めたが?
「ヨーロッパリーグ(の出場権)も取ったし、優勝するチャンスがある。決勝は何が起きるかわからない。恵まれた抽選でここまできて、最後に今(勢いに)乗っているフライブルクに勝ったというのはすごく大きい。ここ最近はバランスが良くて、今日もそんなにバランスは崩れなかったと思う。(フライブルクは)うちと似たような形で、カウンターでガンガン裏を狙ってくるようなチームなので、やり合いだった。それで、うちが2-1で勝った」

―試合の入り方が良かったのでは?
「そうですね。最近はずっと、入り方が良い。フライブルクは緊張しているように見えた。やっぱり自分たちにはホームの利もあって、入りやすかったんじゃないかな。逆に相手は、つなぐにしても、うまく自分たちのサッカーをできなさそうだったんですけど、あそこで1点返してくるのが今の勢いかなというところで。追加点が早めに入ったので、それは良かったですね。あのままズルズルいっていたら…。それまでは結構押されていたので。押されている時間帯に点を取れて、良かったのかなという感じです」

―選手間の距離感が良く、ダイレクトでパスがつながっていたと思うが?
「そうですね。やっぱり一番(の要因)は20番(クリスティアン・ゲントナー)があんまり動かなくなったこと。動いてはいるけど、今までみたいにメチャメチャ前に行くような回数は少なくなった。しっかりタイミング良く上がっていって、点も決める。それ以外はずっとちゃんとしたポジションについてくれる。あと、アレックス(マキシム)がうまくトップ下の役割を果たしているので、本当にバランスが良くなった。そうなっただけで、本当に裏を狙いやすい。自分も、入ればそれを狙えるなと思っていた。今はチャンスをうかがっているという感じですけどね」

―スケジュールについては監督と話したのか?
「決勝に行ったら難しくなるというようなことは言ってましたけど。1日に試合をして、2日に帰って、3日(に代表戦)なので。(決勝進出が)決まってから決めようみたいな感じだったので、これからだと思うんですけど」

―決勝に進んだのは、チャンスが1試合増えるという感覚?
「そうですね。カップ戦は、正直に言ったら一発勝負なわけじゃないですか。僕自身、今シーズンはチームに何もしてないなと思っている。だから、ここ(決勝)で一発っていう…。チャラじゃないけど、全然チャラにはならないけど、チャンスはある。特に(相手が)バイエルンだし。先発のチャンスもあるかもしれないし、途中から(の出場)だとしても、可能性は十分ある。自分が入ったときに、自分の色を出して、結果を出す。結果を出して上の段階に行くっていうのが、こっち(ドイツ)かなと。Jリーグでも日本代表でもそうだった。結果を出せば、自分の自信になったり、上に行けたりする。とにかく結果を出せるように。内容をうやむやにしないように。がんばりたいですね」

 シュトゥットガルトは、6月1日にベルリンで行われる決勝でバイエルンと対戦。16シーズンぶり4度目の大会制覇を目指す。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る