FOLLOW US

内田の同僚がスペイン移籍を示唆「レアルでのプレーは夢」

レアル・マドリードが関心を抱いているとされるドラクスラー [写真]=Bongarts/Getty Images

 スペイン紙『マルカ』は17日、日本代表DF内田篤人の同僚であるシャルケのドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーが、レアル・マドリードでのプレーに関心を示していると報じた。

 同メディアのインタビューに応じたドラクスラーは、レアル・マドリードからの関心について、「彼らが興味を持ってくれているなんて光栄だよ」とコメント。「僕は以前から、スペインでプレーしたいと言ってきた」と続け、リーガ・エスパニョーラでのプレーに興味を持っていることを明かした。

 また、「レアル・マドリードでプレーしたいか」という記者の問いに対し、ドラクスラーは以下のように答えている。

「レアル・マドリードは世界で最も大きなクラブの一つだ。彼らが僕のスタイルを好んでくれていることを誇りに思う。レアル・マドリードでプレーすることは夢だよ」

 ドラクスラーは今シーズン、リーグ戦26試合に出場し、チームトップの8得点を挙げている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO