2013.04.17

長谷部フル出場のヴォルフス、バイエルンに大敗で独杯決勝ならず

長谷部(右)はフル出場したが、ヴォルフスブルクは大敗を喫した [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツ・カップ準決勝が16日に行われ、バイエルンと日本代表MF長谷部誠の所属するヴォルフスブルクが対戦。長谷部は先発出場した。

 ヴォルフスブルクはアウェー戦に臨むと、18分に失点を喫した。カウンターからドリブルで持ち込んだジェルダン・シャチリに、左サイドのアルイェン・ロッベンへのスルーパスを許す。抜け出したロッベンに折り返されると、最後はゴール前に走り込んだマリオ・マンジュキッチに蹴り込まれ、先制点を奪われた。

 敵地で先行されたが、22分には左サイドからのクロスがこぼれたところを長谷部がペナルティエリア内でシュート。絶好機だったが、バイエルンの守備陣にブロックされてしまい、同点ゴールには至らなかった。

 ヴォルフスブルクは追いつけずにいると、35分にも再びバイエルンにゴールネットを揺らされる。DFラインからのミスパスをシャチリにカットされると、そのままスルーパスを通され、抜け出したロッベンに右足でシュートを流し込まれた。

 2点差に広げられたヴォルフスブルクは、38分に右CKからナウドがヘディングシュート。44分にも、ヴィエイリーニャがゴール前で決定的なボレーシュートを放つ。しかし、ナウドのシュートはゴールをわずかに外れ、ヴィエイリーニャのボレーはGKマヌエル・ノイアーの好セーブに遭ってしまう。それでも、前半終了間際の45分には、右サイドでパスを受けたジエゴが強烈なミドルシュートで得点。1点差に詰め寄り、前半を折り返す。

 ヴォルフスブルクは後半にも同点ゴールを狙ったが、50分に3失点目を喫してしまう。右CKのショートコーナーから、ロッベンに中央へのパス供給を許すと、ボールを受けたシャチリにミドルシュートを放たれて、ゴールネットを揺らされた。

 再び2点差をつけられると、56分にはヴィエイリーニャがフィリップ・ラームにペナルティエリア内で倒されるが、ノーファウルの判定でPK獲得はならず。反対に、80分と83分に途中出場していたバイエルンのマリオ・ゴメスに立て続けにゴールを陥れられ、5失点。86分には、またもマリオ・ゴメスに得点を許し、ハットトリックを達成されてしまい万事休す。1-6と敗れ、準決勝敗退となった。なお、長谷部はフル出場した。

 大勝で2シーズン連続となる決勝進出を決めたバイエルンは、ベルリンで行われる決勝では、17日に開催されるシュトゥットガルト対フライブルク戦の勝者と対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る