FOLLOW US

酒井がフル出場のシュトゥット、ボルシアMGを下す…岡崎は途中出場

ボルシアMG戦にフル出場した酒井 [写真]=千葉格

 ブンデスリーガ第29節が14日に行われ、日本代表DF酒井高徳、FW岡崎慎司の所属するシュトゥットガルトとボルシアMGが対戦した。

 酒井が先発出場したシュトゥットガルトは28分、左サイドでフリーキックを獲得。アレクサンドル・マキシムのクロスがボルシアMGのDFに当たり、ゴールネットを揺らした。幸運な形で先制点を得たシュトゥットガルトは、34分に追加点を挙げる。相手DFラインの裏に落ちたボールを、クリスティアン・ゲントナーがDFのブロックをかわしループシュート。ゲントナーが放ったボールは、GKアンドレ・テル・シュテーゲンの頭上を越え、ゴールに吸い込まれた。

 前半を2点リードで終えたシュトゥットガルトは、後半も優勢に試合を進めると、72分に岡崎を投入。3点目は生まれなかったものの、2-0で勝利を収めている。

 勝ち点を36に伸ばしたシュトゥットガルトは、21日に行われる第30節で5位のフライブルクと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO