FOLLOW US

乾フル出場も失点に関与、フランクフルトは完封負けでリーグ2連敗

相手DFをドリブルでかわしにかかる乾 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第29節が14日に行われ、アウクスブルクと日本代表MF乾貴士の所属するフランクフルトが対戦。乾はリーグ戦6試合連続の先発出場となった。

 試合は、ホームのアウクスブルクが優勢に試合を進める。16分に右サイドからサシャ・メルダースがマイナスのパスを送ると、ポール・フェルヘーフが右足でシュートを放ったが、クロスバーを直撃した。28分には、チ・ドンウォンがペナルティエリアの右角付近からシュートを打つと、カットしようとスライディングしたDFの足に当たってコースが変わり、GKの頭上を越えてゴールネットを揺らし、アウクスブルクが先制する。

 直後の30分にアウクスブルクは、ペナルティエリア内でフェルヘーフが乾に後ろからのチャージを受け、PKを獲得。しかし、ヤン・イングヴァー・カールセン・ブラッカーのキックは大きく枠の上へ越え、追加点のチャンスを逃す。フランクフルトは36分に乾が左サイドから中央へドリブルでカットインし、右足でシュートを放つがGKのセーブにあってしまった。45分には、アウクスブルクのチ・ドンウォンが高く上がったボールをペナルティエリア内でコントロールし、再びネットを揺らしたが、ファールの判定でノーゴール。前半はアウクスブルクが1点をリードして折り返す。

 後半に入ってからも押し込むアウクスブルクは、55分にペナルティエリア中央やや外で乾からボールを奪うと、ヤン・モラヴェクのスルーパスにチ・ドンウォンが抜け出し、エリア内左から左足のシュートをゴール右へ決めて、追加点を得る。その後はペースを落としたアウクスブルクが2-0勝利した。乾はフル出場している。

 敗れたフランクフルトは、2連敗で勝ち点42の6位。一方のアウクスブルクは、連敗を2で止め、勝ち点27で昇降格プレーオフ圏の16位となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO