2013.04.14

清武出場のニュルン、最速優勝バイエルンに完敗で10戦ぶり黒星

清武
3試合連続でアシストしていた清武も、バイエルンに封じ込まれた [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第29節が13日に行われ、日本代表MF清武弘嗣、MF金崎夢生の所属するニュルンベルクとバイエルンが対戦。清武は先発出場、金崎はベンチスタートだった。

 9試合負けなしのニュルンベルクは、前節に史上最速でリーグ優勝を決めたバイエルンとのアウェー戦に臨んだ。主力の大半を温存したバイエルン相手だったが、開始5分で失点。CKの流れからジェローム・ボアテングに左足のジャンピングボレーで豪快にゴールネットを揺らされた。

 早々にビハインドを喫したニュルンベルクは、17分にマリオ・ゴメスに2点目を奪われると、24分にもラフィーニャにゴールを割られ、早くも3点差をつけられてしまう。

 ニュルンベルクは、前半を無得点で折り返すと、後半開始早々の46分にマイク・フランツがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。しかし、キッカーのティミー・シモンスが蹴ったボールは、GKトム・シュターケの好セーブに遭い、得点を逃してしまう。

 絶好機を逸すると、57分にも失点。CKのこぼれ球をジェルダン・シャチリに左足で蹴り込まれ、4点目を奪われてしまう。清武も59分にミドルシュートを放つが、GKの好守に阻まれた。

 結局、ニュルンベルクは最後までバイエルンゴールを割れず、0-4とアウェーで完敗。10試合ぶりの黒星で勝ち点は38のままとなった。勝利したバイエルンは、20試合負けなしの12連勝を記録した。なお、清武はフル出場したが、金崎に出場機会はなかった。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング