2013.04.09

降格圏ホッフェンハイムに痛手、守護神ゴメスが左手骨折で今季絶望

5日のデュッセルドルフ戦で負傷したゴメス [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表MF宇佐美貴史の所属するホッフェンハイムは6日、元ブラジル代表GKエウレリョ・ゴメスが左手を骨折し、今シーズンの復帰は絶望となったと発表した。

 ゴメスは、5日に行われたブンデスリーガ第28節のデュッセルドルフ戦で相手選手と衝突し、54分に途中交代していた。クラブは、検査の結果、全治8週間と診断されたと発表。リーグ戦は5月18日が最終節となるため、今シーズンの復帰は絶望となった。

 ゴメスは、1月にトッテナムからホッフェンハイムへ期限付き移籍で加入。以降、リーグ戦全9試合に出場していた。ホッフェンハイムはリーグ戦17位で、2部自動降格圏内に位置している。守護神の離脱は、苦しいチームに更なる痛手となった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る