FOLLOW US

シャルケ内田「俺が前に行かなくても、勝てればいい」

2試合連続の無失点勝利に貢献したシャルケDF内田篤人(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第28節が6日に各地で行われ、ブレーメンと日本代表DF内田篤人の所属するシャルケが対戦。シャルケが敵地で2-0と快勝した。内田はフル出場し、前節のホッフェンハイム戦に続く完封勝利に貢献した。

 試合後、内田が勝利について以下のように振り返った。ブンデスリーガ公式HPが伝えている。

 同じサイドで対面したブレーメンのオランダ代表MFエルイェロ・エリアについて、対処法と印象を問われた内田は、「体を寄せられるのは好きじゃない。振り向かせないでガツンと行ったらボールも取れるし。前を向かせてスピードに乗らせると、ちょっと面倒くさい。(あまりそこまでのシーンはなかったが)その前につぶせていたというのもあるし、パスを出させないように、早めに寄せてもいたから」と語った。続けて、「ドリブルの持ち方とか、いつも俺がいくタイミングで来ていたし、怖かった。(エリアは72分に途中交代したが)代わってくれてよかった」と、脅威を感じていたことを明かした。

 ペースを掴んだ後半に2ゴールを挙げ、勝利を収めた試合内容については、「後半はボールを当てるところが出てきたから。前半は(ジェフェルソン)ファルファンだけだったけどね」とコメント。攻撃参加の場面が少なかった自身の出来については、「俺がいっぱい前に行かなくても、勝てればいい。バランス(に気をつけろ)という声もベンチからあったから。カウンターを狙った選手が入ってきたりしてたから、気をつけていた」と振り返った。

 シャルケはリーグ戦28試合を終えて、勝ち点45で4位。13日に行われる第29節では、勝ち点差4で3位のレヴァークーゼンをホームに迎え、直接対決に臨む。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA