FOLLOW US

監督、仲間が称賛「清武のセットプレーは強み、試合を決定づける」

アシスト数を伸ばし活躍を称賛された清武 [写真]=原田亮太

 ブンデスリーガ第28節が7日に行われ、日本代表MF清武弘嗣、MF金崎夢生の所属するニュルンベルクとマインツが対戦し、2−1でニュルンベルクが勝利した。清武は先発出場し2アシストの活躍。金崎はベンチスタートだった。ニュルンベルクのミハエル・ヴィージンガー監督は清武について、「試合を決定づける働き」と語った。クラブ公式HPが紹介している。

ヴィージンガー監督は「セットプレーは、とにかく我々の強みだね。今日の2点もセットプレーだった。アシストマンの清武はとにかく卓越した足を持っているよ」と清武を称賛した。

 また、この日2得点を挙げたDFペア・ニルソンも「清武のセットプレーは、試合を決定づけるものだ」と称え、さらなる期待を寄せている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA