FOLLOW US

ホッフェンハイムがデュッセルドルフに快勝…宇佐美、大前は欠場

快勝を収めたホッフェンハイム [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第28節が5日に行われ、日本代表MF宇佐美貴史の所属するホッフェンハイムとFW大前元紀の所属するデュッセルドルフが対戦。宇佐美と大前はともにベンチから外れた。

 試合は、ホームのホッフェンハイムが、11分にロベルト・フィルミーノの得点で先制に成功。1点差のまま、前半を折り返す。後半に入ると互いに無得点の時間が続いたが、75分にデュッセルドルフのアンドレアス・ランベルツがオウンゴール。

 2点のリードを得たホッフェンハイムは後半ロスタイムにも、追加点を奪う。セヤド・サリホヴィッチのスルーパスからケヴィン・フォラントが得点して、3-0で快勝を収めた。

 ホッフェンハイムは3試合ぶりの白星で勝ち点23となったが、自動降格圏内の17位は変わらず。一方、デュッセルドルフは2連敗で6試合勝ち星なしで、勝ち点29。15位のままとなっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO