FOLLOW US

ヴォルフスMFジョズエが母国復帰へ…リーグ初優勝に主将として貢献

2008-09シーズンには主将としてマイスターシャーレを掲げたジョズエ [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表MF長谷部誠の所属するヴォルフスブルクは20日、元ブラジル代表MFジョズエのアトレティコ・ミネイロへの移籍が目前に迫っていると発表した。

 ジョズエは、2007年夏にサンパウロからヴォルフスブルクに加入。2008-09シーズンには主将として、チームのブンデスリーガ初優勝に大きく貢献した。今シーズンはリーグ戦26試合のうち、16試合(先発13試合)に出場していた。

 退団に際し、ジョズエは、「ヴォルフスブルクを離れるのはつらい。でも、環境を変えることは僕にとって大きなチャレンジなんだ。良い時も悪い時もヴォルフスブルクで過ごした時間は素晴らしかった。ここで大きく成長できたし、クラブのことは心に残り続ける。クラブの更なる成長と、大きな成功を願っている」と、惜別のコメントを残している。

 ジョズエは、A・ミネイロと2年契約を結ぶ予定。A・ミネイロにはブラジル代表FWロナウジーニョなどが所属しており、現在参戦しているコパ・リベルタドーレスはグループリーグ4戦全勝で首位に立っている。

[写真]=Bongarts/Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO