2013.03.18

ニュルンベルク清武、クラブ歴代最多タイのシーズン9アシスト

清武弘嗣
シャルケ戦で2アシストを記録したMF清武弘嗣(左) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第26節が16日に行われ、日本代表MF清武弘嗣、MF金崎夢生の所属するニュルンベルクと日本代表DF内田篤人の所属するシャルケが対戦した。清武はフル出場し、2アシストを記録。ニュルンベルクの3-0での勝利に大きく貢献した。

 ドイツ誌『キッカー』によれば、清武はシャルケ戦での2アシストで、今シーズンの通算アシスト数を9に伸ばし、同誌が算出し始めた1988-1989シーズン以降のクラブ歴代最多タイの記録となった。清武以前には、FWユリアン・シーバー(現ドルトムント)とMFメーメット・エキジ(現ブレーメン)が2010-2011シーズンに9アシストを記録している。

 なお、同誌の集計では、今シーズンのアシスト数で清武を上回っているのは4選手。MFトーマス・ミュラー(バイエルン)、MFフスティ・サボルチ(ハノーファー)が11アシスト、MFフランク・リベリー(バイエルン)とFWケヴィン・フォラント(ホッフェンハイム)が10アシストとなっている。

[写真]=Bongarts/Getty Images

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る