FOLLOW US

ヴォルフスがデュッセルに追いつく…大前3戦ぶり出場、長谷部欠場

ホームのヴォルフスブルクがデュッセルドルフに追いつき、ドローとなった [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第26節が15日に行われ、日本代表MF長谷部誠の所属するヴォルフスブルクとFW大前元紀の所属するデュッセルドルフが対戦。長谷部、大前ともにベンチスタートだった。

 試合は、37分にアウェーで戦うデュッセルドルフがマティス・ボリーのゴールで先制。1点差のまま、前半を折り返した。後半に入ると、ホームのヴォルフスブルクも反撃を見せ、51分に同点ゴールを奪う。イビツァ・オリッチがヨハンドリ・オロスコのスルーパスに反応してディフェンスラインを抜け出すと、シュートを冷静に流し込んだ。

 振り出しに戻った後は、互いに攻め合ったが決勝点は生まれずに、試合が終了。1-1のドローに終わった。ヴォルフスブルクは勝ち点31で暫定12位、デュッセルドルフは勝ち点29で暫定14位となった。なお、大前は88分に投入されて、リーグ戦3試合ぶりの出場。長谷部に出場機会はなかった。

[写真]=Bongarts/Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA